人を知るPEOPLE

STAFF INTERVIEW社員インタビュー

一緒に働く人、環境を自分の目で
確かめて「ここだ!」と思った。

五日市店
サービスグループ エンジニア
岡崎 時正

2015年4月入社。バイクや車が好きで、自動車整備の専門学校に進学。卒業後、広島マツダへ新卒入社。五日市店で1年目。「ここを選んだのはまず出会った人達の人柄の良さ。あとは工場見学に行って、雰囲気をしっかり見て、自分に合うと思って決めました」。

好きなメーカーや車種よりも
人や職場環境を見た上での会社選び。

エンジニアとして就職する人は、好きなメーカーや車種があると思うんです。でも僕はそういうのがなく、「仕事としてはどこでやってもほとんど同じ。だったら一緒に働く人や、職場環境の違いをしっかり見極めて選びたい」と思っていたんです。まずは会社説明会へひたすら参加。その中で、広島マツダの担当者は本当にフレンドリーで本音で接してくれました。しっかり質問もして最終的に3社に絞り込んだ後、今度は工場へ見学に行くことに。実際の店舗に行けるチャンスはあまりないので、具体的に自分がここで働くということを想像しながら見学していきました。工場の建物や働いている人達の雰囲気はどうか。そういうイメージを膨らましながら見学した後、働いている自分がイメージでき、「ここだ!」と思った広島マツダに決めました。

「車の数×人の数」の発見がある!
知識が増え、ワクワクに満ちた毎日。

入社後2カ月の研修の後、五日市店に配属となり、新米エンジニアとして奮闘中です。今は車検をメインにやらせてもらっていますが、車検整備が終わった後は、まだ経験できていない作業を少しずつ先輩に任せてもらっています。1年目なので、見ること、やること、すべてが初めてで新鮮。日々体験するすべてが面白いんです。例えばオイル交換ひとつとっても、内容が車種ごとに違いますし、レンチのサイズも道具からして違う。「この車種はここを外さないとオイルが抜けないんだ」とか、もうキリがないくらい覚えることが多くて、そのひとつひとつが僕にとっては「面白い」と感じられます。先日も、「トランクだけ開かない」という故障の診断しました。原因が分かるまで時間はかかりましたが、最終的に「ここだ!」とわかった時は達成感がありました。1台ずつ状況は違いますので、毎日発見のない日はありません。

先輩から教わる仕事の丁寧さ。
いずれは次のステップにも。

五日市店のサービス部門には10名のエンジニア、アドバイザーがいて、僕はその中で最若手。先輩方の仕事を見ていると、とにかく速いし、効率がすごくいい。その上、細かい気配りができていて仕上がりが丁寧です。整備の後の洗車にしても、表面を拭いて水がなくなったら終了という感覚でやっていたのですが、先輩は見えないところまでしっかり水分を拭くというやり方をされていました。「そこまでやるんだ!」と驚きました。先輩のいいところは全部マネして、吸収しながら成長したいと思っています。今はとにかく経験を積むことだけを念頭においていますが、いずれ整備のことが一通りわかってきて自信がもてるようになったら、次のステップ、コントローラーにも挑戦してみたいと思っています。

A DAY OFF
休日の楽しみ

サーキットでの走行会が最近の楽しみ。同じ職場の先輩に連れて行ってもらったことではまりました。軽自動車、コンパクトカー等、ジャンル問わず様々な車の人が参加し、チーム分けしレースをします。僕の愛車は中古で購入したRX-7。1日中走っていると本当に楽しくて爽快です。

A DAY AT HIROMAZ
一日の流れ

8:00

出社、工場の清掃、工具の準備

8:45

朝礼、予定確認

9:00

前日入った車検を開始

10:00

点検する車の引き取りに向かう

12:00

昼休憩

お店の向かいにあるコンビニでお弁当を買ってきて昼食を。

13:00

引き取りに行った車を点検・整備

15:00

アドバイザーへ報告

夕方の納車に向けて車検の内容をアドバイザーへ伝達します。

16:00

部品注文

18:00

夕礼

先輩に作業状況を報告。残っている作業があれば行います。

19:00

退社

ENTRY

広島マツダは、
あなたを待っています。 エントリー完了後、会社説明会などの採用情報を随時ご案内致します。

ぺーじとっぷへ